キャッシングの回収業者とは一体何でしょうか?

キャッシングの回収業者とは一体何でしょうか
通常、キャッシングで借りたお金は、その金融会社へ直接返済していきますよね
返済を正しく行っていれば、回収業者のお世話になることはありません
でも、もし返済を行わず、さらには電話連絡も取れないような状況が続いた場合となると、そのキャッシングによる債権(借りた金額+金利分)は、キャッシングを行った会社から、専門の債権回収業者へ譲渡されることになり、回収業者から新たに督促を受けることになります
キャッシング会社は、あなたの債権を回収業者へ売ることで、貸したお金を回収します
回収業者は、キャッシング会社からあなたの債権を買うことで、その債権を譲り受けます
(債権の譲渡)回収業者から請求が来た場合も、当然、その支払は行わなければなりません
ただし、気を付けていただきたいのは、債権回収業者を名乗り、架空の請求を行う悪徳業者の存在です
もし、あなたの借りているキャッシング会社から、債権の譲渡を受けたと言われても、それだけで支払ってはいけません
架空請求に支払ってしまった後で、本来のキャッシング会社から請求が行われた場合、あなたは再度その債権を支払わなくてはいけなくなってしまいます
双方で繋がっているような悪徳業者も存在しますので十分に気を付けてください
そもそも、債権譲渡は、債権者(キャッシング会社)があなたに対して、債権の譲渡を行うという通知(内容証明など)が必要となります
この通知が無く、回収業者(通称サービサー)が勝手に請求を行ってきても、それは無効です
事前に通知がきていない場合は、回収業者ではなく、実際に借り入れを行ったキャッシング会社に連絡を入れ、確認するようにしましょう
業者側から連絡があった場合でも、名前・住所・電話番号・勤務先等の個人情報は知られないように気を付けてください
また、債権回収業は、法務省で認められた会社でなくては行うことが出来ません
(債権管理回収業に関する特別措置法第三条)法務省のホームページから、許可を受けた回収業者を確認することが出来ます
また、実在する会社名や、類似の名前を語るなど、悪質な詐称をしていると報告のある業者名も公表しています
回収業者から連絡があったからといって、あわてずに、落ち着いて対応してくださいね
いずれにしても、きちんと返済を行っていれば、心配することはありませんよ