キャッシングの際に耳にする総量規制。その仕組みと規制対象外の内容を紹介します。

総量規制とは借入総額が、原則として年収の1/3までに制限されるというものです
改正貸金業法において定められ、2010年より施行されました
個人向けの貸付には個人向貸付け(=キャッシング)と個人向保証の2種類がありますが、基本的に担保を必要としない個人向けの貸付けに関しては、全て、個人向け貸付(以下、キャッシングと呼びます)となり、総量規制の対象となります
また、他社分も含めた総借入残高が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書面の提出が必要となります
更に、リボルビング払いで1か月の借り入れが合計5万円以上、かつ合計残高が10万円超える場合は、3か月に1度信用情報機関からの情報で調べられることになります
そして借入中・借入時問わず、審査の結果年収の1/3が超えた場合には、限度額の引き下げ、新規の借り入れ停止となります
ただし、中にもこの総量規制の対象とならないキャッシングもあります
不動産の購入、自動車の購入などがそれにあたり、借り入れの残高として含まれません
住宅ローンがあってもキャッシング可能なのはこの為ですね
また、借入の残高として組み込まれはしますが「例外」として借り入れられる場合もあります
それが「配偶者と合わせた年収の1/3以下」や「借り換え」、「緊急の医療費」など、その部分についての返済の能力があるかを判断し、例外として借りることが出来るのです
キャッシング会社も、使い道自由なフリーローン以外に、こういった目的別ローンが用意してあることもあります
住宅ローンや自動車ローンなどは、銀行で借り入れをする方が多いとは思いますが、銀行での融資が下りなかった場合でも、金融会社で借り入れることもでき、金利も低く設定されることが多いので、賢く利用したいですね
さて、最初に記載したように、この総量規制は「貸金業法」によって定められています
ですので、この規制が適用されるのは貸金業、いわゆる消費者金融が対象となっています
対して、同じようにお金を借りることのできる銀行ですが、こちらは「銀行法」の管轄となっています
つまり最初から、この総量規制対象外となっているのです
この為、借入希望金額によっては、収入明細を提出する必要がなく申し込みから借り入れを行うことができるのです