キャッシングの貸金業者にはいくつかの種類が有ります。あなたはどれを選びますか。

キャッシングを行う貸金業者には、いくつかの種類があります
大きく分けると、「銀行」・「信販(クレジット)」・「消費者金融」と、それぞれ3つの系統に分けられます
まず「銀行系列」ですが、こちらは豊富な資金力と安心・安全が多きな魅力です
また、詳しくは後述しますが、銀行でのキャッシングは総量規制の対象外のため、比較的高額な融資が受けられるでしょう
「信販(クレジット)系」というのは、セゾン、JCB、マスターカードなどの信販会社が行っているサービスで、手持ちのショッピングクレジットカードを利用して、手軽にキャッシングができます
消費者金融というのは、金銭の預入業務はせずに、少額の融資のみを専門に行う金融機関のことをいいます
さて、これらの金融機関ですが、さらに2つに分類されており、1つは、銀行法によって定められているもの(=銀行)と、貸金業法によって定められている消費者金融とになります
ここで重要となってくるのは、貸金業法で定められている消費者金融機関です
借り入れの際、その借入総額が年収の1/3を超えてはいけないと定められた法がありますが、これは貸金業法のなかで制定されています
このため、銀行でのキャッシングでは、そもそもがこの規制の対象外となっており、制限を受けることが有りません
貸金業者からの借り入れの場合、この規制が適用され、申し込み時には年収証明書の提出が必要となっています
また、融資決定後に規制の額を超える借入額が、貸金業者全体の合計としてあった場合は、その限度額の引き下げも行われてしまします
信販・クレジット系列では、ショッピングでの利用分は規制の対象外となっています
おなじカードを使用していたも、キャッシングとしての利用分は、貸金業法の適用範囲となり、総量規制の対象となります
貸金業者がその事業を行うには、内閣総理大臣、もしくは都道府県知事への登録が必要となっています
登録は3年ごとの更新が必要となっており、登録番号の記載には、その貸金業者の社歴がわかるようになっています
また、業者が廃止や登録取り消し処分を受けた場合は、その登録番号は欠番となり、再使用されることはありません
総量規制法の実地に伴って、廃止された貸金業者もあります
日掛け金融や電話担保金融と呼ばれたもので、一時期は特例で最高金利109.5%まで可能とされていましたが、現在ではすべて廃止され、金利の上限はどのような業態でも20%までと統一されています