キャッシングの返済方式ではあまり採用されていない元金均等返済について解説しています。

キャッシングでお金を借りたのいいけれど、返済はどうすればいいの?と悩んでしまうことがあります
これは初めての人ならば誰にでもあることです
キャッシング会社のほうも貸したお金の回収には力を入れていますので、滞納している人や返済し忘れた人には、督促の案内がやってきたり、遅延損害金などの請求の連絡がやってくることがあります
キャッシングの返済には、毎月返済するパターンと臨時でATMや振込で返済するパターンがあります
問題となるのが、返済するときの利息の取扱いについてです
キャッシングで借りたお金は、返済するときに元金と利息を合わせて返済しています
その返済方式にはさまざまな方法があり、ここでは元金均等返済という方式を解説していきます

元金均等返済方式とは、借入残高に金利をかけて計算した利息と毎月一定金額の元金の両方を合わせて返済する方法を指しています
ここでポイントになるのが、毎月返済する元金は毎月同じだということです
しかし、お金を借りた当初は、借入残高がとても多いため、支払う利息もかなり多くなります
そのため、返済の負担は多く感じることになります
そして、少しずつ返済が進んでいくと、同時に支払う利息も少なくなっていきます
元金均等返済の場合、利息の支払額は借入残高に対応しているといえます
元金均等返済に関しては、事業者向けの融資によく採用されることが多く、消費者金融での融資ではあまり採用されることがありません
個人のキャッシングでは、毎月の給料はほとんど同じです
そのため、借入当初に返済の負担の大きい元金均等返済方式を採用していないのかもしれません
それよりも毎月一定額を返済する別の方式を採用している場合のほうが多くなっています
毎月一定額の返済になる方法は、元利均等返済方式といいますが、元金均等返済方式と元利均等返済方式とでは、どちらがお得なのかを比較することがあります
この場合、多くは元金均等返済方式のほうが、支払う利息が安くて済むことが多いようです

キャッシングでは、毎月一定金額を返済していれば、問題ありません
また、随時返済していくことも可能ですので、どちらかというと元金均等返済方式よりも、支払い額の安定している元利均等返済方式を採用することが多くなっているようです