キャッシングでよく採用される元利均等返済方式は利用者にとって便利な返済方法です。

何気なく使っているキャッシングですが、その利用方法や返済方法について少し勉強してみませんか?キャッシングは確かに便利なツールですが、借入限度額も決まっていますし、いくらでも借りていいわけではありません
支払う利息も高く、できれば早期に返済しておいたほうが無難です

キャッシングの返済方法でも、いくつか方法がありますが、元金均等返済方式と元利均等返済方式がよく採用されている方法です
ここでは個人のキャッシングでよく採用されている元利均等返済方式について解説していきます

元利均等返済方式では、元金と利息とを合計した金額が一定の金額になるように毎月返済していく方法のことを指しています
元利均等返済方式では、借り入れたときに毎月いくら支払ったらいいのかが全て決まっています
毎月の返済金額が変わらないということは、計画的にお金を返済することができるので、キャッシングの利用者にはとてもありがたい返済方式になっています
しかし、元利均等返済方式の弱点は、借り入れた当初の返済金額には、利息のほうが多く借入残高を減らす元金部分のほうが少なくなっていることがほとんどです
そのため、元金均等返済方式に比べると支払う利息は多くなってしまいます
また、支払う利息が多くなるということは、返済期間もかなり延びてしまうことになります

元利金等返済方式は、キャッシングの返済方式にはよく採用されていますが、この方法しか選べないようになっているのは難点です
これも無理なく返済するための消費者金融会社側の配慮ではありますが、返済当初に返済額が多くなるよりも、毎月一定額の返済額のほうが、返済しやすいという理由からといえます
また、キャッシングでは随時返済も可能ですので、無理にお金を返済していくことはないといえます
もし、余分なお金が出来たら随時返済をして借入残高を減らしておけば、利息を減らす効果にもなっているわけです

さらに元利均等返済方式では、借入残高に応じて毎月の返済額も増減する方式を採っているところもあります
これは、残高スライド方式とも呼ばれています
残高スライド方式では、借入残高が多くなるほど、毎月の返済額も多くなっています
そして、借入残高が減ってくると、段階的に毎月の返済額も少しずつ減っていきます