キャッシングの新規申し込みの際に気になる給与所得について考えています。

消費者金融で新規のキャッシングの申し込みをするときに、気になるのが審査の内容です
初めてキャッシングを申し込む人は、特にその内容について知りたいと思うでしょう
また、できれば、一回の申し込みでキャッシングの申し込み審査を通過したいと思うはずです
いずれにせよ、審査落ちというのは、ショックを受ける可能性があります
消費者金融の審査で最も重要な内容は、年収です
サラリーマンの方を前提にお話をすると、年収とはほぼ給与所得と一致しています
消費者金融業者は、貸金業者に当てはまりますので、総量規制の影響を受けます
そのため、お金を借りる人は、年収の3分の1までしか借り入れることができないのです
サラリーマンの方は、給与所得がとても重要な審査項目になってきます

貸金業法の総量規制については、貸金業者に対する規制ですので、もし年収の3分の1以上の貸付を行ってしまうと、消費者金融業者は罰則を受けてしまいます
総量規制は、お金を借りる人を守るためにできた規制ですので、貸金業者が貸しすぎてしまうことを防いでいます
逆にいうと総量規制があるおかげで、無理な借り入れをせずに済んでいるともいえます
キャッシングの総量規制にも抜け道があって、クレジットカードのショッピング枠は、その対象外になっています
さらに銀行や信用金庫などは、貸金業者と違ったものとして認定されていますので、総量規制の枠にも入らないことになります

このように考えると、給与所得が少なくても、銀行の借り入れやクレジットカードでショッピングをしていれば、消費者金融のキャッシングを申し込むことは可能になります
逆に消費者金融でのキャッシングの申し込みで、給与所得が少なすぎて、満足のいく借り入れ条件が提示されなかった場合は、銀行のキャッシングを申し込んでみるといいかもしれません
銀行のキャッシングは、消費者金融のキャッシングよりも審査条件は厳しいとされていますが、無条件に落とされることはありません
銀行のキャッシングでは、給与所得などの収入が無くても、配偶者や家族に一定の収入があれば、キャッシングの審査にも十分通る可能性があると考えてください

このように給与所得が少ないという人は、少し頭を使ったキャッシングの業者選びをしていきましょう